たけの旅日記

神社(御朱印)と旅行と写真と

櫛田神社(福岡県福岡市)の紹介と御朱印

どうもすみません、たけです。

 

今回は、福岡県福岡市にある櫛田(くしだ)神社を紹介します!

f:id:taketabi:20190519170049j:plain

社格は県社でげ現在は別表神社に指定されています。

f:id:taketabi:20190519170348j:plain

博多の総鎮守として、「お櫛田さん」の愛称で広く市民から親しまれている神社です。

f:id:taketabi:20190519170718j:plain

門には、大きな提灯と「稜威」の額があります。

稜威」は、「いつ」と読みます。

神聖であることや斎(い)み清められていること、天皇の威光といった意味があるそうです。

この楼門に入って見上げると、面白いものがありました。

f:id:taketabi:20190519171529j:plain

恵方」と呼ばれるものです。

今までいろんな神社を訪れましたが、これを見るのは初めて。

f:id:taketabi:20190519172409j:plain

楼門を過ぎると、境内が。

奥にマンションが見えますが、けっこうな街の中にある神社です。

楼門を裏から。

f:id:taketabi:20190519172638j:plain

額には「博多総鎮守」と書かれています。

f:id:taketabi:20190519172549j:plain

f:id:taketabi:20190519172802j:plain

櫛田神社の御祭神は、、、

天照皇大神(大神宮)・大幡主大神(櫛田宮)・素戔嗚大神(祇園宮)です。

以前は3つの社にそれぞれ祀られていたそうです。

大幡主大神は託宣(たくせん)によって鎮座され、素戔嗚大神は天慶4年(941年)藤原純友の乱の追討使小野好古が戦勝奉賽のために勧請されたといわれています。

しかし、天照皇大神の奉祀についてはあまりにも古く史実としてはっきりしないそうです。

※託宣(たくせん)とはお告げや神託のこと。

創建は、その託宣があった757年(天平宝字元年で、伊勢松坂の櫛田神社勧進したものだと考えられています。

その松坂の櫛田神社の祭神の大幡主神天照大神に仕える一族の神であったことから、天照大神も一緒に勧請されたと伝えられています。

また、佐賀県神埼市に「櫛田宮」という神社があるのですが、そこから分社され創建されたという説もあるようです。

境内には、7月に行われる「博多祇園山笠」の山笠が奉納されていました。

f:id:taketabi:20190519174059j:plain

初めて見ましたが、びっくりするくらい大きくてカメラで撮るのに苦労しました(笑)

一度、お祭りをこの目で見てみたいものです。

山笠以外もいろいろ見たかったのですが時間も限られていたので、御朱印をいただいてまいりました。

f:id:taketabi:20190519183116j:plain

  • アクセス

・公共交通機関

福岡市地下鉄空港線祇園駅」より徒歩5分。

福岡市地下鉄空港線箱崎線「中州川端駅」より徒歩10分。

・車

福岡高速環状線「呉服町出入口」より約5分。

※20分100円の参拝者用駐車場あり。参拝の場合は30分、祈祷の場合は60分まで無料。

  • 地図

今回は、福岡県福岡市にある櫛田神社を紹介しました!

今回はこのへんで。

ではでは~。