たけの旅日記

旅行と神社(御朱印)と写真と

住吉大社(大阪府堺市、摂津国一宮)の紹介と御朱印

どうもすみません、たけです。

 

今回は神社紹介。

これから神社紹介もするのですが、関西に住んでいることもあって、関西の神社が多くなりそうです。

 

最初の神社紹介は、大阪府堺市にある住吉大社

f:id:taketabi:20180828134350j:plain

摂津国一宮であり、旧官幣大社で現在は別表神社に指定されています。

また、全国に約2300社ある住吉神社の総本社もあります。

  • 創建

 神功皇后摂政11年(西暦211年)。

  • 由緒

 神功皇后新羅遠征の時、住吉大神住吉三神)のご加護を得て新羅を平定した後、無事帰還されました。その凱旋の途中に住吉大神の神託によって現在の住吉の地に鎮斎しました。後に神功皇后も併せ祀られ、住吉四社大明神と称えられています。

  • ご祭神

 住吉大社の祭神は、伊弉諾尊が禊祓(みそぎはらい)を行われた際に海中より出現されたとされる底筒男命中筒男命表筒男命の三神、そして鎮斎の神功皇后仁徳天皇の住吉津の開港以来、遣隋使・遣唐使に代表される航海の守護神として崇敬をあつめ、王朝時代には和歌・文学の神として、あるいは現実に姿を現される神としての信仰もあり、禊祓・産業・貿易・外交の祖神と仰がれています。

 

さて、鳥居をくぐって、はじめにあるのがこの反橋(そりばし)

また、「太鼓橋」とも呼ばれています。

f:id:taketabi:20180830132141j:plain

f:id:taketabi:20180830133239j:plain

渡るだけでご利益があるとかないとか…

渡った先に手水舎と二つ目の鳥居。

f:id:taketabi:20180830132301j:plain

本殿の様子。

f:id:taketabi:20180830133920j:plain

f:id:taketabi:20180830134022j:plain

f:id:taketabi:20180830134039j:plain

住吉大社には、第一本宮から第四本宮まで本殿が4棟あり、「住吉造」と称され、神社建築史上最古の様式の一つといわれ、いずれも国宝に指定されています。

また、本殿以外に、この3万坪ある境内の中に摂末社が27社と多数の名所があります。

 

  • 五所御前

f:id:taketabi:20180830140859p:plain

住吉神社HPの写真引用)

 第一本宮の南側にあり、『五』『大』『力』と書かれた石を拾い御守にすると願い事が叶うと信じられています。願い事が叶った石の返し方は、近所の小石に自身で感謝の気持ちを込めて『五』『大』『力』と書いたものを用意し、五所御前で拾った石と共に倍返しにして返します。

 

  • おもかる石

f:id:taketabi:20180831130101p:plain

住吉神社HPの写真引用)

はじめにこの石を持って重さを覚え、石に触れながら願い事を念じ、もう一度持ち上げてみます。その時、最初に持ち上げた時より軽く感じれば、願いが叶うらしいですよ。

 

このように大変見所が多い住吉大社です。

 

f:id:taketabi:20180831135439j:plain

 

  • アクセス

南海電鉄南海本線住吉大社駅」から東へ徒歩3分。

阪堺電気軌道阪堺線路面電車)「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ。

 

今日は「住吉大社」を紹介しました。

ぜひ参拝してみてください!

では今日はこの辺で。

ではでは~。