たけの旅日記

旅行と神社(御朱印)と写真と

生駒山(信貴生駒スカイライン)からの大阪夜景を紹介!

 

どうもすみません、たけです。

 

今回は、生駒山信貴生駒スカイライン)からの大阪夜景を紹介します(7月に車で行きました)。

f:id:taketabi:20180926012447j:plain

生駒山(いこまやま・いこまさん)とは、大阪府東大阪市奈良県生駒市の県境にある山です。

関西では、大阪平野を一望できる夜景スポットとして有名です!

関西の夜景のメッカとも!

生駒山では何か所か夜景を綺麗に見ることができるスポットがあるのですが、私が行ったのは十三峠パノラマ展望台なので、そちらを紹介します。

f:id:taketabi:20180926004512p:plain

信貴生駒スカイラインHPより)

 上を地図を見ていただければ分かるのですが、夜景スポットは信貴生駒スカイラインという有料道路の間にあります。

 

f:id:taketabi:20180926010020p:plain

信貴生駒スカイラインHPより)

北からは阪奈道路を通って山上口I.Cを通り、聖天口料金所からのが分かりやすいと思います。

南からは信貴山門料金所から入ることができます。

パノラマ展望台や十三峠まで行くには、料金が北の聖天口料金所からは片道1,340円・往復1,940円、南の信貴山門料金所からは往復980円必要になります。

しかし、2018年9月26日現在、十三峠駐車場付近から信貴山側への通り抜けと信貴山門料金所から生駒山上方面への通行は出来ませんので、十三峠とパノラマ展望台へ行かれる際は聖天口料金所からお願い致します。

料金が少し高いと感じるかもしれませんが、夜景を見て後悔しないことは間違いないです!!

 

大阪市内方面から阪奈道路へ入り、山上口I.C.、聖天口料金所を通り、まずは十三峠を目指しました。

交通量も少ないこともあって、テンションを上げながらドライブしました(法定速度はしっかり守りました(笑))。

そうしながら着いた十三峠!

こちらが十三峠のから見た夕暮れ!

f:id:taketabi:20180925214236j:plain

f:id:taketabi:20180925214226j:plain

f:id:taketabi:20180925214217j:plain

 この日はもやがかかってしまって、かすみがかった夕焼けでした。

しかし、夕日が街を照らし、良い感じにノスタルジックな風景を映し出してくれました。

前述にもあるとおり、ここから先はバリケードされており、進むことができませんでした。そのためか、十三峠駐車場には誰もおらず景色を堪能できました。

 

太陽が沈んだところで、北へ車を動かし、パノラマ展望台を目指します。

パノラマ展望台までの道のりには、その他の夜景スポットとして「鐘の鳴る展望台」があり、こちらもオススメなので是非立ち寄ってみてください!

パノラマ展望台に着くころには夕暮れが遠くに残るだけで、大阪平野の街並みには明かりがぽつぽつとつき始めていました。

f:id:taketabi:20180925214544j:plain

大通りに街灯と車の光が続いているのがよくわかります。

f:id:taketabi:20180926012343j:plain

f:id:taketabi:20180926012447j:plain

後ろから夜景をバックに撮らせて頂きました。

夜景とカップルのシルエットがマッチしていて、良い写真が撮れました!

(写真の許可を頂きましてありがとうございました。)

本当はもっと暗くなるまでいたかったのですが。この日はこの後用事が入っていたため、完全に夜になるまでいることができませんでした。

暗くなればもっと綺麗で感動する夜景が見られます!!

次は何も予定を入れていない日にこの夜景を再び撮りに行きたいと思います。

あと、写真をもっと綺麗に撮れるように頑張ります(笑)

 

・アクセス

大阪市内からは高速道路を利用して約30分、奈良市内からは約25~30分。

※パノラマ展望台や十三峠へは、交通止めのため阪奈道路から入る聖天口料金所からしか行くことができません(2018年9月26日現在)。

・料金

聖天口料金所からパノラマ展望台・十三峠まで、片道1,340円・往復1,940円。

 ・時間

3月1日~10月31日:6時30分~24時

11月30日~2月末日:6時30分~23時

 信貴生駒スカイラインHP

信貴生駒スカイライン:近鉄ホームページ

 

今回は、「生駒山からの大阪夜景」を紹介しました!

では今回はこのへんで。

ではでは~。