たけの旅日記

旅行と神社(御朱印)と写真と

夜景と日の出のスポット!兵庫県の東六甲展望台の紹介!

どうもすみません、たけです。

 

今回は、兵庫県西宮市にある東六甲展望台の紹介します!

f:id:taketabi:20181105130533j:plain

アクセスが良くて気軽に行ける夜景と日の出のスポットです!

東六甲展望台」は標高645mに位置し、「芦有(ろゆう)ドライブウェイ」という有料道路上にあります。

芦有ドライウェイ」とは、芦屋市の市街地と有馬温泉の約10kmを約20分で結ぶ道路です。

「東六甲展望台」では、大阪平野や大阪湾、伊丹空港をはじめ、天気が良ければ関西国際空港や淡路島、友ヶ島紀淡海峡をパノラマで一望できます!

 

では、はじめに「東六甲展望台」までのアクセスを紹介します。

「東六甲展望台」までは車で訪れることをオススメしますが、路線バスでも簡単に行くことができます。

阪神芦屋」・「JR芦屋」・「阪急芦屋川」の各駅から「有馬駅経由山口営業所前行き(阪急バス80番」」に乗車し、「展望台」で下車してください。

有馬方面からは、神戸電鉄有馬温泉駅」から「阪神芦屋行き(阪急バス80番」」に乗り、同じく「展望台」で下車してください。

バスから降りると、目の前にパノラマの風景が広がっています!

平日はバスの最終が、阪神芦屋行き」が20時15分、「有馬駅経由山口営業所前行き」が21時16分ですので、夜景は十分に楽しめるのですが、土日祝のバスの最終が,阪神芦屋行き」が16時55分、「有馬駅経由山口営業所行き」が17時56分ですので、夜景を楽しむことができないので気をつけてください!

 

車でのアクセスは、大阪方面からは阪神高速3号神戸線「芦屋IC」を出て、そのまま「国道43号線」を三宮方面に行きます。「精道」の交差点を右折し、「県道344号線」を走っていきます。走っていくと、「芦有ドライブウェイ」の入り口である「芦屋ゲート」に着きます。料金は後払い制でゲートで通行券を取って入っていきます。出る際の支払いは現金のみなのでお気をつけください。

有馬方面からは、中国自動車道「西宮北IC」を出て「国道176号線」方面へ。「天上橋」交差点を右折し、「国道176号線」の「新明治橋交差点」を右折、道なりを行き「有馬温泉北口」を左折すると、「有馬ゲート」があります。また、阪神高速7号北神戸線からは「有馬口IC」を出てすぐの交差点を左折し、「有馬温泉北口」を右折すると「有馬ゲート」があります。

駐車場ですが、約40台分の無料駐車場があります。よほどのことがない限り満車になることはないと思います。

次に通行料金ですが、このようになっています。

f:id:taketabi:20181105124936p:plain

(芦有ドライブウェイHPより)

行きも帰りも「芦屋ゲート」からだと410円しかかかりません。しかし、「有馬ゲート」からだと往復で1,210円、そのまま通り抜ければ930円ですが帰りの距離が長くなってしまいます。ですので、「展望台」へ行った後は「宝殿ゲート」から帰ることも可能ですので、時間とお金と相談しながら参考にしてみてください。

 

では次は本題の夜景と日の出紹介です!

f:id:taketabi:20181105130859j:plain

f:id:taketabi:20181105130827j:plain

大阪平野の夜景が眼下に広がっています!

広がりすぎて写真ではその感動を伝えるのが難しいぐらいです。

f:id:taketabi:20181105131541j:plain

大阪都心方面の夜景。

f:id:taketabi:20181105130837j:plain

淀川の向こうには大阪都心の高層ビルが立ち並んでるのでわかります。

f:id:taketabi:20181105131333j:plain

こちらは大阪北部方面の夜景。

左下の光の筋は中国自動車道です。

f:id:taketabi:20181105131804j:plain

同じ場所を青みを増やして撮った夜景。

みなさんはどちらの写真の方が好みですか?

僕は二枚目の青みの強い夜景の方が好きです。

 

夜景を楽しんだ後、車の中で一眠りしていると空が明るくなってきました。

f:id:taketabi:20181105132749j:plain

f:id:taketabi:20181105132745j:plain

f:id:taketabi:20181105132802j:plain

10月の後半に行ったのですが、朝方はさすがに寒いです。

朝方の少し張りつめたような寒さが身体に沁みます。

f:id:taketabi:20181105133241j:plain

f:id:taketabi:20181105133254j:plain

f:id:taketabi:20181105133246j:plain

空が淡い紫色になって、日の出の方角はオレンジ色が強くなってきました。

大阪の街は、薄い靄がかかっているようで街が霞んで見えます。

f:id:taketabi:20181105133718j:plain

いよいよ日の出です!

f:id:taketabi:20181105133722j:plain

f:id:taketabi:20181105133727j:plain

太陽がゆっくりゆっくりと姿を現してきました。

f:id:taketabi:20181105134056j:plain

f:id:taketabi:20181105134106j:plain

f:id:taketabi:20181105134115j:plain

こんな綺麗な日の出を見れると思っていなかったので、感動がすごかったです!

写真撮っている自分の姿はテンションが上がりすぎて気持ち悪かったと思います(笑)

f:id:taketabi:20181105134456j:plain

f:id:taketabi:20181105134503j:plain

f:id:taketabi:20181105134511j:plain

f:id:taketabi:20181105134834j:plain

f:id:taketabi:20181105134842j:plain

太陽が高く上り始めたところで、車を走らせて家に帰りました。

 

ぜひこの「東六甲展望台」の夜景と日の出を、大切な方と!もちろん一人でも!堪能してください!

 

  • 東六甲展望台の情報まとめ(11月5日現在)

・場所:〒662-0006 兵庫県西宮市越水社家郷山1−68

・時間:24時間、年中無休

・駐車場:無料(約40台分)

・アクセス

 バス

阪神芦屋」・「JR芦屋」・「阪急芦屋川」の各駅から「有馬駅経由山口営業所前行き(阪急バス80番」」に乗車し、「展望台」で下車。

有馬方面からは、神戸電鉄有馬温泉駅」から「阪神芦屋行き(阪急バス80番」」に乗車、「展望台」で下車。

 車

大阪方面から、阪神高速3号神戸線「芦屋IC」を出て、「国道43号線」を三宮方面へ。「精道」交差点を右折、「県道344号線」を道なり。「芦有ドライブウェイ」の入り口である「芦屋ゲート」に到着。

有馬方面から、中国自動車道「西宮北IC」を出て「国道176号線」方面へ。「天上橋」交差点を右折、「国道176号線」の「新明治橋交差点」を右折、道なりを行き「有馬温泉北口」を左折、「有馬ゲート」に到着。また、阪神高速7号北神戸線から、「有馬口IC」を出てすぐの交差点を左折、「有馬温泉北口」を右折、「有馬ゲート」に到着。

・芦有ドライブウェイホームページ

東六甲展望台 | 芦屋と有馬を快適につなぐ 芦有ドライブウェイ

 

 

今回は「東六甲展望台」の夜景と日の出を紹介しました!

では今回はこのへんで。

ではでは~。