たけの旅日記

旅行と神社(御朱印)と写真と

宮崎南部旅行①(都萬神社~おぐら瀬頭店(チキン南蛮)~青島神社~鵜戸神宮~都井岬)

どうもすみません、たけです。

 

今回は、今年6月に宮崎旅行したことを話したいと思います。

宮崎県の中でも宮崎市青島神社や日南市の鵜戸神宮のある南部に行きました。

f:id:taketabi:20181107132911j:plain

期間は一泊二日で、宮崎空港でレンタカーを借りました。

ちなみに一泊は車中泊です。

いきなり決めた旅行だったので宮崎空港に11時40分で到着で、翌日14時25分に宮崎空港出発の飛行機だったため、じっくり見て回ることはできませんでした。

それでも神社を中心に宮崎の景色や食事を楽しむことができました。

宮崎に行かれる際のルートの参考やこのブログを見て「行ってみたい!」と思って頂ければ幸いです。

そもそもなんで宮崎?って思われるかもしれませんが、単純に宮崎の「チキン南蛮」を食べたかったのと「都井岬」の馬が見たかったからです(笑)

宮崎に行くには十分すぎる理由でした(あと御朱印集めもしたい)。

では、宮崎へ行ってまいります。

伊丹空港から飛行機に乗り宮崎空港に着いて外に出ると、南国らしくヤシの木が!

空港からはレンタカーを借りて、まずは「都萬(つま)神社」を目指します。

都萬神社」は宮崎市の北の西都(さいと)市にあり、東九州自動車道を使っても行けるのですが、せっかくなので海岸沿いを走っている「一ツ葉(ひとつば)有料道路」経由で行きました。

料金は、北線と南線の全線で普通車400円、パーキングエリアのある北線のみだと200円です(2018年11月時点)。

f:id:taketabi:20181107140521j:plain

f:id:taketabi:20181107140504j:plain

途中で立ち寄った「一ツ葉パーキングエリア」にある海岸の写真です。

水平線が広がっていて、日の出がすごくきれいに見れるスポットじゃないかと思います。

休憩のあと車を走らせて、空港から1時間20分くらいで都萬神社に到着しました!

f:id:taketabi:20181107140946j:plain

f:id:taketabi:20181107140950j:plain

都萬神社は、日向国二宮でもあります。

御祭神は、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)で、縁結びや安産の神様として信仰があります。

また、都萬神社では「木花開耶姫命が甘酒を作ってお乳代わりに飲ませた」と伝えられており、境内に「日本酒発祥の碑」が立っています。

f:id:taketabi:20181107141628j:plain

他にも、境内には国の天然記念物の「妻のクス」があります。

f:id:taketabi:20181107142136j:plain

推定樹齢は1200年と言われており、幹の太い立派なクスです。

f:id:taketabi:20181109154520j:plain

  •  都萬神社

 

都萬神社を見て回ったところで、13時半ごろになってお腹もすいたので今回の旅行の目的でもある「チキン南蛮」を食べに行きます!

チキン南蛮は宮崎県北部の延岡市が発祥の地を言われていますが、さすがにそこまで行くのに1時間半かかってしまうので、今回は宮崎市の「おぐら瀬頭店」に行きました。

チキン南蛮を注文して、10分ほどすると、、、

f:id:taketabi:20181107144441j:plain

見た瞬間、「めっちゃうまそー!!」と言いたくなりました(笑)

肉も大きいし、なによりタルタルソースがいつも見るものと違う!

わくわくしながらナイフとフォークを手にして、チキンを切って口まで運びます。

味はもちろん美味しいです!

量もちょうど良いぐらいで大満足でした!

  • 味のおぐらチェーン 瀬頭店

宮崎駅の近くにはおぐら本店もありますので、機会があればぜひ味わってみてください!

 ・

さて、ここからは南に車を走らせて「青島神社」を目指します。

青島神社」には、30分くらいで到着しました。

時間帯にしてだいたい15時半くらいです。

駐車場に車を止めて通りを抜けて神社まで向かうと、海と島が見えました

f:id:taketabi:20181107152847j:plain

f:id:taketabi:20181107152851j:plainもっと天気が良ければ、絶景間違いなしですね!

島全体が青島神社の境内地であり、熱帯・亜熱帯植物の群生地として国の特別天然記念物に指定されています。

f:id:taketabi:20181107152854j:plain

f:id:taketabi:20181107152858j:plain

こちらは、「鬼の洗濯板」と呼ばれる波状岩という地形です。

潮が引くと、写真のような岩が規則的に多く並んでおり、巨大な洗濯板のように見えることから「鬼の洗濯板」と呼ばれるようになったそうです。

こちらも国の天然記念物に指定されています。

f:id:taketabi:20181107152902j:plain

神社の正面、南国さを感じられますね。

f:id:taketabi:20181107152905j:plain

f:id:taketabi:20181107152911j:plain

平日にもかかわらず、けっこう観光客がいました。

青島神社の御祭神は、天津日高彦火火出見命(あまつひだかひこほほでみのみこと)とその妃神の豊玉姫命(とよたまひめのみこと)、そして塩筒大神(しおづつのおおかみ)です。

いずれも海幸・山幸に因む神話がある神様で、縁結びをはじめ安産や航海・交通安全の信仰があります。

f:id:taketabi:20181107152912j:plain

神社の近くには、海岸が広がっていて海水浴シーズンは海水浴客で賑わっているそうです。

夏の天気の良い日にまた来たい場所になりました!

f:id:taketabi:20181109154732j:plain

車に戻り、次は日南市の「鵜戸神宮」に行きます。

f:id:taketabi:20181107152916j:plain

こちらは、南に行く途中のコンビニの近くで撮った一枚。

遠くからでも存在感があります。

 ・

青島神社から40分くらいで「鵜戸神宮」に到着!

時刻は16時30分前。

もう少し早めの時間に来たかったですけど、17時までに来れたので良しとします。

f:id:taketabi:20181109120026j:plain

f:id:taketabi:20181109120033j:plain

鵜戸神宮」も存在感のある神社です。

写真では分かりずらいですが、右側の柵の向こう側は崖になっています。

f:id:taketabi:20181109120036j:plain

f:id:taketabi:20181109120048j:plain

 「鵜戸神宮」といえば、この構図の写真が定番ですね。

よくこんな場所に神社を建てたなと思います。

階段を下りて、洞窟へはいると立派な社殿がありました。

神社はだいたい階段や坂を上って参拝するのですが、鵜戸神宮では階段を下って参拝するという神社では珍しい「下り宮」のスタイルになっています。

f:id:taketabi:20181109121543j:plain

f:id:taketabi:20181109121547j:plain

主祭神は、日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)で、他にも天照大神(あまてらすおおみかみ)などの神様が祀られています。

縁結びや安産、育児、海上安全のご神徳があるといわれています。

また、本殿前磯にある「霊石亀石」の穴の中に、男性は左手で女性は右手で「運玉」を投げ入れ見事入ると願いが叶うといわれるという信仰があります。

f:id:taketabi:20181109123114j:plain鵜戸神宮HPより)

御朱印を頂いて戻っていると、ウサギの像を見つけました。

f:id:taketabi:20181109121559j:plain

主祭神である日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊の神使(神の使いや眷属の意)がウサギであることからこの像が建てられています。

なんか突然動き出してどこかへ案内してくれそうな雰囲気(笑)

f:id:taketabi:20181109124310j:plain

f:id:taketabi:20181109154922j:plain

鵜戸神宮への参拝をすませたところで、この日の神社への参拝は終了して「都井岬」へ向かいます!

この時点で時刻は17時すぎ。

ここから「都井岬」までは1時間ぐらいなので、急ぎめで目指します。

車を走らせてなんとか夕日に間に合うように「都井岬」に到着しました。

f:id:taketabi:20181109125210j:plain

馬!!

ここは、都井岬の丘の上。

何ヶ所か丘に上がれるところがあります。

でもこれがけっこう急な場所で、上るのも下るのもかなり怖かったです。

しかし、眺めは最高です!

f:id:taketabi:20181109125507j:plain

f:id:taketabi:20181109125512j:plain

こんなに近くで馬を見ることができます!

都井岬の馬は日本在来馬の一種で、「御崎馬(みさきうま)」呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。

 ※馬に近づきすぎるのと後ろから近づくのは絶対にやめてください!

  馬がびっくりして怪我をする可能性があります。

f:id:taketabi:20181109125519j:plain

f:id:taketabi:20181109125524j:plain

馬だけでなくこんなに近くで海を見下ろせる場所はそうそうないと思います。

昼間であれば、太陽に照らされた綺麗な海が広がってますね。

ですが、都井岬から夕日も絶景です!

f:id:taketabi:20181109130436j:plain

f:id:taketabi:20181109130452j:plain

f:id:taketabi:20181109130500j:plain

f:id:taketabi:20181109131058j:plain

こちらは丘から下りて、駐車場から撮った夕日。

f:id:taketabi:20181109131114j:plain

f:id:taketabi:20181109131422j:plain

沈みかけの夕日。

訪れたのが6月でしたので日没は北東でした。

今の季節ですと、水平線に沈んでいく夕日を見ることができると思います。

日没になったところで串間市の銭湯に行き、都城市の道の駅で車中一泊しました。

これは夜中撮った、北斗七星と北極星

f:id:taketabi:20181109134659j:plain

宮崎旅行一日目はここまで。

では、今日はこのへんで!

ではでは~。