たけの旅日記

神社(御朱印)と旅行と写真と

綱敷天満宮(兵庫県神戸市須磨区)の紹介と御朱印

どうもすみません、たけです。

 

今回は、兵庫県神戸市須磨区にある綱敷(つなしき)天満宮を紹介します!

今の時期(2月下旬~3月)は梅も見られる神社です。

f:id:taketabi:20190219171036j:plain

「須磨の天神さま」とも呼ばれる神社です。

f:id:taketabi:20190219171141j:plain

f:id:taketabi:20190219171646j:plain

鳥居をくぐるとすぐに拝殿があります。

f:id:taketabi:20190219171835j:plain

御祭神は、菅原道真です。

知られている通り、学問の神様です。

創建は979年(天元2年)で、道真公が九州太宰府に左遷された際、須磨の浦で波が高くなり航海を中断されました。その時、漁師達が網の大綱で円座を作り、そこに休んだ事にちなんで創建されたのが始まりです。

 拝殿の前にあるのが、こちらの「なす」。

f:id:taketabi:20190219172529j:plain

f:id:taketabi:20190219172542j:plain

何でも願いが叶うという、なすの腰掛けです。

「なす」の花は一つの無駄もなく実を結び、また「成す」と語呂が同じで、努力はむくわれ願いが叶えられるという縁起をふくみます。

 願いを込めて「なす」に腰かければどんな願いも叶えられると云われています。

f:id:taketabi:20190219172844j:plain

f:id:taketabi:20190219172845j:plain

天満宮ではおなじみの牛もいらっしゃいます。

神様である菅原道真公の使いと云われています。

塔もあります。

f:id:taketabi:20190219173225j:plain

また境内には、梅の木が多くあって見頃を迎えていました。

f:id:taketabi:20190219173331j:plain

f:id:taketabi:20190219173333j:plain

ピンクの花も。

f:id:taketabi:20190219173350j:plain

f:id:taketabi:20190219173352j:plain

木の数も多く、社殿と一緒に撮るのも面白いと思います。

梅も楽しんだところで、社務所御朱印を頂きます。

f:id:taketabi:20190219174549j:plain

なんと、綱敷天満宮では月ごとに御朱印が変わります!

これは嬉しいですね!

ホームページ上で月ごとの御朱印を見られます! 

f:id:taketabi:20190219180453j:plain

  •  アクセス

・鉄道

JR神戸線須磨駅」から徒歩8分。

山陽電鉄須磨寺駅」から徒歩3分。

・車

第二神明道路「須磨IC」より約10分。

阪神高速3号神戸線「若宮IC」より約3分。

※無料駐車場約20台分あり。

・時間

9時~17時。

  • 地図

今の時期は、梅も見られるのでぜひ訪れてみてください!

今回は兵庫県神戸市須磨区にある綱敷天満宮を紹介しました!

では今回はこのへんで。

ではでは~。