たけの旅日記

神社(御朱印)と旅行と写真と

内尾神社(兵庫県丹波市)の紹介

どうもすみません、たけです。

 

今回は、兵庫県丹波市にある内尾(うちお)神社を紹介します!

f:id:taketabi:20190326162603j:plain

主祭神は、咩咩草葺不合尊(ウガヤフキアヘズノミコト)

神武天皇の父親とされている神様です。

大宝2年(702)、三原奥丹治大登峰に山伏の宿堂立てられ、社頭に春日大明神、地蔵権現、八幡宮、天神、弁財天を勧請して、法道仙人が千日の行法をつとめられたのが内尾神社の起源です。

法道とはインドの仙人で、6,7世紀に日本に渡って来たとされています。

日本に渡るときに牛頭天王と共に渡ったとされ、その牛頭天王姫路市にある広峰神社に祭られ、その後現在は八坂神社中の座に祭られたとされています。

播磨国一帯の山岳などに開山・開基として名を遺し、数多くの所縁のお寺があります。

f:id:taketabi:20190326163356j:plain

神社周辺は杉の木に囲まれていて山の中にあり、静寂に包まれた神社です。

神秘的な神社として有名な熊本県にある「上色見熊野座神社」と似た雰囲気を感じられます。

f:id:taketabi:20190326170413j:plain

f:id:taketabi:20190326170430j:plain

f:id:taketabi:20190326170434j:plain

初夏にはホタルが飛び交う風景も見ることができますよ!

車かタクシーでしか来られませんが、近くまで来た際はぜひ立ち寄ってみてください!

早朝と夕方がオススメです!

無人の神社のため御朱印はないかと思われます。

祭りや初詣のときはもしかしたらいただけるかもです。

  • アクセス

・公共交通機関

JR福知山線石生駅」よりタクシーで約20分。

・車

北近畿豊岡自動車道「氷上IC」より約15分。

中国自動車道「加西IC」より約50分。

※鳥居横に無料駐車場あり

  • 地図

今回は、兵庫県丹波市にある内尾神社を紹介しました!

では今回はこのへんで。

ではでは~。